銀行か消費者金融か

カードローンの利用となると銀行か消費者金融かで選ぶこととなり、それぞれのメリットやデメリットを冷静に判断する必要が出てきます。手軽さであれば消費者金融ですが、多くの方が認識しているように消費者金融は金利が高いといったデメリットがあります。対して銀行は金利は低くなっていますが、その分だけ他の面でデメリットがあります。

 

 

借り入れ先を選ぶ際にはメリットとデメリットの両面を知る必要があり、比べた上でデメリットが妥協できるところのカードローンを利用しなければなりません。良い部分だけを見て申し込みを進めてしまうと、思わぬ部分で希望に内容とは異なる借り入れとなってしまったり、または利用中に困ることもあるかもしれません。

 

カードローンはお金を借りるといった重要な契約となるので、良い部分だけでなく悪い部分に関してもしっかりと確認をしておく必要があるのです。

 

消費者金融だからこその良さ

一昔前はカードローンと言えば消費者金融で決まりとも言えるほどでしたが、最近では銀行も個人向けのカードローンサービスに力を入れているので選択の幅が増えました。それでも消費者金融が未だに人気となっているのはそれなりの理由があり、銀行よりも優れている部分が大きいためです。

 

消費者金融だからこその良さの中でも大きなものが、手軽さと早さです。来店不要でネットでの申し込みが行え、申し込み完了後はそのままWeb上での来店不要契約も可能となっています。どこに行かなくとも自宅にいながら手続きが進められるので、困ったときに消費者金融は便利です。

 

また、契約後の借り入れも最短即日の振り込み融資も可能となっていることで、急な出費で早めにお金が必要な方でも安心です。すぐに借りたい、とにかく今日中に現金が必要といった状況では、銀行よりも消費者金融が優れているとも言えるのです。

 

特に大手の消費者金融ほどそのあたりのサービスが強いので、有名なカードローンサービスのプロミスなどの人気は非常に高いです。来店不要でも最短で当日中のプロミスで借りられる即日キャッシングも可能なため、急ぎで借りたいけど周りには知られたくないと考える方でも安心です。

 

銀行カードローンだからこその良さ

消費者金融と比べて信頼性が高い銀行のカードローンは、金利の低さが大きなメリットとなります。消費者金融の上限金利と比べると数パーセントも低い金利で借りられるカードローンが多いため、返済の負担を減らして借りたい方に適しています。

 

大きな限度額となっているのも銀行カードローンの特徴の一つで、低金利での高限度額での借り入れは借り換えやおまとめローンとしての利用にも人気です。普段の要りようだけでなくまとまった借り入れや借り換えにも使えるため、銀行カードローンは消費者金融よりも幅広い用途で使えるようにもなっています。

 

利用条件での資金使途には消費者金融も銀行も大きな違いは無く、基本的には健全な消費性資金としての利用であれば自由です。生活費でも何らかの支払いでも、または教育資金やマイカー購入などのお金としてもカードローンが利用できるので、銀行だからと言って使い道が限定されるわけでもありません。

 

利用先の銀行によってはオリックス銀行カードローンのATM手数料のように提携ATMでは終日手数料が無料となるカードローンもあるので、銀行だからと言って利便性が消費者金融に劣ることもなく、寧ろ勝っている部分もあるのです。

 

双方の欠点について知っておく

消費者金融にも銀行にもどちらにもそれぞれの良い点があるように、どちらにも悪い点、欠点となる部分があります。消費者金融は金利の高さや銀行に比べると劣る信頼性で、銀行の場合にはイメージとしての時間や手間がかかるといった部分や、審査通過に関する点です。

 

たしかに消費者金融は銀行に比べると金利が高いので、返済時の利息負担がどうしても大きくなりがちです。ただ、それはあくまで使い方次第でもあり、短期間の少額の利用に留めるなどの使い方であれば返済時の利息負担は削減できます。

 

銀行にしても同様で、イメージとしては時間や手間がかかると考えられがちですが、最近の銀行カードローンは来店不要でのネット申し込みで最短30分の審査回答とするところもあるほどで、時間も手間もかかりません。借り入れに関しても手続きの進め方次第で最短即日も可能となっているので、なるべく急ぎで借りたいときにも頼れます。

 

審査の基準に関しては実際に銀行は消費者金融よりも厳しくなっていますが、それであれば借りられる見込みがある方のみが銀行を選べばよいだけです。アルバイトやパートの方などは消費者金融のカードローンキャッシングを利用し、正社員や公務員で他社での借り入れも多くない方は銀行カードローンを選ぶといった具合です。

 

消費者金融の中でも初回の利用時には一定期間の無利息期間が付くカードローンもあるので、消費者金融は金利が高いからと言って利息の支払額が必ずしも大きくなるわけではありません。あくまで利用の仕方次第となるので、消費者金融で借りる際であっても利息は減らすことができるのです。