郵送物の面で比較してみる

Web契約や郵送での契約となると、ほとんどのカードローンでは後日の郵送物があります。ローンカードや契約に関連する書類の送付となり、一部カードレスのキャッシングサービスを除くとカードの郵送は避けられません。

 

契約機や店舗での手続きを行い、その場でカードを受け取れば郵送はありませんが、来店が嫌な場合や近くに契約機や店舗が無い場合には来店不要での契約となってしまうため、どうしても郵送物は避けられないのです。

 

基本的にどのカードローンサービスもプライバシーに関してはしっかりと守ってくれるので、郵送物が届いても直ちに借り入れがばれるわけではありません。家族に封筒を見られても中身さえ見られなければカードローン契約に関する書類や内容物があるとは分かりませんが、ここにも消費者金融と銀行との違いがあります。

 

消費者金融はサービス名を明かすとカードローンに関する何らかの書類であるとばれてしまうため、基本的には封筒にはサービス名は記載していません。その代わりに事務センターなどの伏せられた少し怪しげな差出人名となり、封筒を見た家族の方などが差出人名をネットで検索すると、封筒自体にはサービス名は記載されていなくても消費者金融からの郵送物と分かってしまいます。

 

対して銀行の場合には、郵送物の差出人は銀行名となります。銀行で普段から使用をする封筒となっているため、封筒を見ただけでは単なる銀行からの郵送物でしかありません。中身を見られない限りはカードローンに関連する郵送物だとは分からないので、家族に郵送物で借り入れがばれたくない方は銀行カードローンの方が安心です。

 

具体的にどのような封筒で届くかが銀行で使用をしている封筒となるためにそれぞれで異なりますが、一例としてオリックス銀行カードローンの郵送物で見てみると届く封筒のイメージもしやすいです。銀行名での封筒となり、どこにもカードローンとの記載はされていないので、受け取りの際にも安心ができます。